歯科と全身との関わり♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

福岡県歯科医師会での講習会に行ってきました。

お医者さんの話は、普段なかなか聞く機会がないので、面白かったです!

CIMG9912

やっぱり、上下のかみ合わせがあるというのは、食事のためだけでなく、運動能力にも影響があることが、数字でも明らかになっています。

CIMG9914

この糖尿病専門医の西田先生は、自身がすごく歯科で健康になったそうで、

CIMG9918

歯周病治療によって、体の健康も取り戻したそうです。

CIMG9916

それで、衛生士の効果、影響力を実感したそうです!

CIMG9939

口腔を清潔に保つことの意義は、思ってる以上に多方面に良い影響を与えています。

CIMG9931

口腔ケアを行ったにしても、普段不慣れな看護師さんと、普段から行っている歯科衛生士とでは、効果に差が出たそうです。

ちなみにワタクシ、ブラッシングをしっかり上手に、そして時間もかけて行っているので、40年以上虫歯の治療経験なしです!やっぱり予防、毎日のブラッシング、プラークコントロールが大事ですね♪

口腔内写真♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 二代目院長のひっそり日常, 歯なしにならない話

ワタシは「良い歯科医院の見分け方は?」と聞かれたら、要素の一つとして「口腔内写真を撮影する歯科医院」と答えます(もちろんそれだけではないですが、でも大きいと思います)。

「百聞は一見に如かず」と言われますが、その通りと思います。なので、カルテ記載だけでは不十分で、治療にも、経過観察にも、医療従事者の技術向上にも、写真としての記録保存は不可欠と思います。患者さんへの治療説明にもとても有効です!

しかししかし、患者さんに苦痛少なく、適切な写真を撮影するのは、それなりに技術が必要なのです。

CIMG9282CIMG9287CIMG9295

スタッフ同士で、普段から相互練習してます!みんなできるようになります♪

 

歯髄を保存する♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

CIMG9672

歯髄にはさまざまの役割があります。虫歯が大きくなってしまったりで、歯髄を除去せざるを得ない、あるいは歯髄が死んでしまって、その壊死した組織を除去せざるを得ない場合が確かにあります。しかし、せずに済ませられればしない方が良い場合が多いのです。

CIMG9673

神経が生きている歯を「生活歯」と言い、神経の無い歯や神経の死んでいる歯を「失活歯」と言います。どうしても失活歯の方が、抜歯のリスクが高くなります。それは、虫歯になっても自覚症状での発見が遅れがちなことと、歯が割れてしまうリスクが高まるからです。

そーゆーわけで、来年の2月の北九州歯学研究会発表会では、このメンバーで「歯髄保存」を成功させるための発表をします♪

CIMG9697

2016臨床歯周病学会九州支部教育講演会♪

Author: hirotoshi  |  Category: 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

毎年、この時期に行われる歯周病の治療についての講演会に参加してきました。CIMG9983

今年も満員御礼で、事前予約だけで定員一杯となり、当日申し込みはお断りしなくてはいけない状況でした。

私は写真係りがあったので、席なしで立ち見で参加でした。

CIMG9999

歯周治療によって昔は抜歯しなくてはならなかった歯も、今ではずいぶん助けられるようになってきています、進化しています!

CIMG0035

しかし、高度な治療も、昔からあるプラークコントロールなどの基本的な歯周治療(歯周基本治療と言います)を適切に行ったうえで初めて効果を発揮できるのです。

CIMG0019

なので衛生士さんの仕事は重要です!土台です!!患者さんとの二人三脚デス!!!

なにより一番良いのは歯周病にならない、進行しないように、予防することです。

そうしたら、高度な歯周外科治療などは必要ありません、プラークコントロールしましょう!

もし、万が一、歯周外科治療などが必要な場合には、常に歯周治療の研鑽を積んでいる先生にお願いしましょう♪

歯科治療の説明♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 歯なしにならない話

ナカノ歯科では最初にお口全体の情報を集めます。

CIMG8864

で、全体を把握したうえで現状や、治療方法の説明をします。

CIMG8874

そうした上で、患者さんの希望や、都合を聞きながら、治療の進め方を検討していきます。

そうした方が、結局はムダな回り道が少なくできます。

インプラントを希望された場合などは、CT(立体的なレントゲン)を撮影して、説明しています。

CIMG8823CIMG8826CIMG8821

このように立体的に見えたほうが、神経の位置も分かりやすく、安全です。

また、ナカノ歯科では治療途中にも歯の写真を撮ったりして、治療内容などの説明をすることもあります。

安全安心な歯科治療を受けつつ、歯ブラシや、メインテナンスを怠らないようにしたいものです♪

 

 

 

インプラント学会イン岡山♪

Author: hirotoshi  |  Category: 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

生れてはじめて岡山に行きました!

CIMG9351インプラントの学会に参加していました

CIMG9364

奥歯の咬み合わせがしっかりあることで、転倒のリスクを減らせることがわかっています。

CIMG9355

寿命が延びて、歯が先になくなってしまうケースがどうしてもでてきます。

せっかく長生きしても食べたいものが食べられず、流動食となると、幸福感が下がってしまいます。

自分の歯が長持ちするのが一番いいのですが、若い時の不養生がたたると、後悔先に立たずとなります。

後悔と言えば、こんなアンケート結果も学会で紹介されていました。

CIMG9357「歯の定期検診を受ければよかった」が1位!

私は神経のない歯が今のところ0本で、失った歯も0本です。

しっかり予防を実践して、自分の歯を守ります。

でも、歯を失ってしまった場合には、快適な食生活と自信のために、インプラントを受けると思います。

もちろん自分が信頼できる歯医者さんを選んで♪

2次う蝕、今日の治療♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 歯なしにならない話

う蝕とはカリエスや虫歯と同じ意味です。

で、2次う蝕とは過去にう蝕(虫歯)治療がしてある歯に

再度う蝕(虫歯)が出来てしまうことです。

DSC_9082DSC_9084

この歯は患者さんの自覚症状(痛いとかしみるとか)は全くありませんでした。

歯と詰め物の金属の境目、継ぎ目にすき間があいて不適合(適合の悪い状態)になっていました。はずしてみると

DSC_9087やはりう蝕(虫歯)があります。

すき間があいたりセメントが溶けたりすると、その狭いスペースにバイ菌が繁殖します。今回のように何ともなかった歯なのに虫歯だったってことはよくあることです。

DSC_9088DSC_9099

う蝕=感染歯質を完全に取りきってから、セメントで埋めて(裏装)、形を整え、

DSC_9100プラスチックの仮歯を作ったところで、本日の治療は終了♪

長期にわたってほころびが生じにくい治療を行いたいものです。

また、生じてしまったほころびは、痛くも痒くも何ともなくっても、治療しといた方がいいですよ♪

この歯だって患者さんの自覚症状はなくって中身はこのあり様だったわけですから。

今後の段取り、工程としては、歯ブラシや歯石取りなどして歯肉の腫脹(腫れ)を改善した後に、

仕上げ形成&印象(型採り)を行い、精密な技工物を作製&装着&メインテナンスとなります。

それが歯が長持ちする秘訣です!

それが私の生きる道(なつかしパフィー)♪

 

 

 

2015日本口腔インプラント学会イン長崎♪

Author: hirotoshi  |  Category: 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

歯科で言うインプラント治療とは、歯を失った場合に人工物の歯根を移植して体に生着させて補う治療です。

CIMG7838

そのインプラントの学会で長崎まで行ってきました。

CIMG7839

今まではいかにうまくインプラント治療を行うかに注目が集まっていましたが、インプラント治療の経過が増えてきて、今後どのようにメインテナンスして患者さんの健康で快適な日常生活を確保するのかに焦点がうつっています。

CIMG7840

そしてインプラント治療は移植治療ですから、今も昔も安全性・確実性が求められます。

CIMG7847

数年経過後にこのようになってもらっては困るわけです。

インプラントにこのようなトラブルがあるのは事実です。

またインプラント治療によって快適さ、健康、審美性を取り戻し、大きな恩恵を受けている患者さんが多くいることも事実です。

100%の成功率の医療は存在しません。

なので、よく相談して自身が信頼できる歯科医に任せるのが良いと思います。

まあ、歯を失わなくて済めば、それが一番いいんですけどね~

クラウン(被せ物)の材質による違い(最後)♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

前回のブログではゴールドしかやっていないみたいに思われたかもしれませんが、そんなことはありません。

金属焼付ポーセレンもやっています(PFMとかメタルボンドとも表現されます)!

オールセラミックもやっています!

ただ、オールセラミックがすべての場合において、常に最高!とは思っていないということです。

機能的で長持ち、あるいは審美性も兼ね備えるのかなどによって被せ物の材質の選択も変わってきますし、

歯の削り方も変わってきます。

治療目的や、連結が必要か不要かなど、さまざまのお口の中の状況によって変わってきます。

また、被せる治療は補綴物の材質・材料のちがいだけではないのです。タイトルと少し離れてしまいますが・・・

 

歯は生まれ持った大切な身体の一部です。

その歯を削るというのは、その歯を守るためにならなくてはなりません。

削るからにはその目的をきちんと達成できるように配慮しつつ、必用最低限かつ細心大胆に削らなくては行きません。

治療の結果は術者(歯科医)や技工士の技量と、患者さんのお手入れによって大きく左右されます。

ので今でも東京まで研修に行ったりします

適切な形成、正確な印象、精密な技工操作によって歯が長持する歯冠補綴治療が可能になります。

その前に確実な虫歯の除去や

繊細な根の中の治療などにも高い精度が求められます。

科学的なことと同時に、歯科医師や歯科技工士の職人的な要素(技術や経験)も歯の長持ちには重要なのです。

自費の補綴物は、歯科医院での型採り(印象)材料や、使う石膏も保険とは違うし、技工士さんの使う道具や材料も違うし、製作工程もはしょることなく時間をかけて最善の技術を尽くして作ることができます。逆に言うと保険の補綴物では自費と同様の時間をかけてはいられません。

ながながになりましたが、最後に言いたかったのは材質の違いだけではないんですよ~ってことなのでした♪

 

 

 

 

クラウン(被せ物)の材質による違い3♪

Author: hirotoshi  |  Category: ナカノ歯科医院, 二代目院長のこっそり勉強, 歯なしにならない話

つづきで白いクラウンについてです。

最近患者さんからの審美的な要望が強くなっていることや、金属の値段の高騰からセラミックのクラウンが多くなっています。

昔は割れやすかったり、強度不足のために細かな部分での精度がよくなかったり、つやがなくなったり変色したりで審美性に耐えなかったりといったことがありましたが、現在はずいぶん改善されてきています。

新しい材料もそうですし、キャドキャムなどの機器も歯科に導入されはじめて、歯科もどんどん進歩しています♪

ただ、ただ、常に新しいものが最善であるとは限りません。今までに出ては消えていった材料や治療法はたくさんあるのです!

なので自分が信頼できる専門家とよく相談して考えるのが良いと思います。

「患者さんには喜ばれるからセラミックをすすめるけど、自分の歯だったら(もちろん歯の場所にもよりますが)ゴールドがいいな~」と言う歯医者さんや技工士さんは今でもたくさんいらっしゃるのです。

この程度の金属の露出が許容されるのであれば、

このようなゴールドクラウン(右から2番目の歯は前装冠)で治療できます

ゴールドとセラミックであれば、ゴールドの方が修復物の強度があるため歯を削る量が少なくて済む場合が多いです。

それと複雑な形の場合はゴールドの方が精度が高い場合が多いです。

インレー(写真の中央、右からも左からも3番目)の場合、このゴールドと同等の精度をセラミックインレーに求めるのは困難です。

次で最後にします♪

 

 

Copy Protected by Chetans WP-Copyprotect.